再分散可能なポリマーパウダーはパテ中でどのような役割を果たしますか?

再分散性ポリマーパウダー(RDP)は、汎用性の高い水分散性ポリマーパウダーであり、以下の成分からなる。 ポリマー樹脂, 可塑剤, 保護コロイドおよび添加剤を含む。通常、酢酸ビニルとエチレンのコポリマーを使用するが、他のコポリマーを使用することもできる。可塑剤は柔軟性を高め、保護コロイドは保存中の合体を防ぐ。

パテ用再分散性ポリマーパウダー

なぜ再分散性ポリマー粉末を壁用パテに加えるのか?

作業性の向上:
RDPはパテの作業性を向上させ、さまざまな表面にスムーズかつ簡単に塗布できるようにする。この使いやすさから、建築のプロに好まれている。

耐クラック性:
RDPの柔軟性と伸びの特性は、パテのひび割れに対する耐性を大幅に向上させ、長持ちする美観の良い仕上がりを保証します。

より優れた接着性:
RDPは、様々な下地へのパテの接着性を高め、より良い接着を促進し、剥離のリスクを低減します。

防水性を強化:
RDPが提供する耐水性は、パテを湿気による損傷から守り、それによって長期間の耐久性と性能を向上させる。

収縮率の低減:
RDPを加えることで、乾燥過程での収縮を最小限に抑え、均一で均一な表面を確保することができる。

再分散性ポリマー粉末の種類とは?

再分散性ポリマーパウダーには様々な種類と配合があり、建設業界の様々な用途に対応しています。壁用パテに使用される一般的なRDPの種類には、以下のようなものがある:

酢酸ビニルエチレン(VAE)コポリマー:
VAEコポリマーは、RDPの中で壁パテ用途に最も広く使用されているタイプです。幅広い基材や条件下で優れた接着性、柔軟性、作業性を発揮します。

酢酸ビニル-第三炭酸ビニル(VA/VeoVa)コポリマー:
VA/VeoVaコポリマーは、耐水性と耐候性を高め、外装パテ用途に適している。

アクリル共重合体:
アクリル共重合体は優れた耐水性と紫外線安定性を持ち、湿気や日光に頻繁にさらされる場所でのパテ配合に理想的である。

スチレン・ブタジエン(SB)コポリマー:
SBコポリマーは、接着性と柔軟性が向上しており、困難な基材や条件に適している。

シェアする

フェイスブック
ツイッター
ピンタレスト
LinkedIn

ソーシャルメディア

一番人気

カテゴリー

オン・キー

関連記事