セルロースの種類:最も一般的なセルロースとは?

セルロースは植物の細胞壁に豊富に含まれる生体高分子である。セルロースは必須構造成分として植物細胞に強度と剛性を与える一方、そのユニークな特性により、建設、食品、製薬、繊維など様々な産業で使用されています。Kemoxでは、セルロースの各タイプを幅広く解説しながら、どのセルロースが建設プロジェクトで一般的に使用されているか、また具体的なタイプについて説明します。

セルロースの種類

セルロースにはさまざまな種類がある?

実際、セルロースは様々な形態で存在し、各品種は産業特有のニーズを満たすために、起源、特性、用途に基づいて区別されている。一般的な例としては、以下のようなものがある:

アルファ・セルロース:

アルファセルロースは、植物細胞壁の最内層に由来し、高度に重合した、最も豊富で純粋なセルロースである。その優れた純度により、アルファセルロースは製紙、繊維製造、特殊化学品製造など様々な産業で使用されている。

βセルロース:

B-セルロースはa-セルロースに比べて頻度が低く、通常、植物細胞壁の中間層に存在する。重合度と結晶化度がa-セルロースより低いβ-セルロースは、より柔軟性を必要とする用途に適している。

ガンマセルロース

ガンマセルロースは、最も重合度の低い非晶質セルロースで、植物細胞壁の外層に多く含まれ、a型やb型などの他のセルロースタイプに比べて構造的に安定していない。ガンマセルロースは、ハイドロゲルの製造など、高い吸水性を必要とする用途に広く使用されています。

微結晶セルロース (MCC):

MCCは、α-セルロースを部分的に解重合して得られるセルロースの加工品である。その結果得られる微結晶粒子は、優れた圧縮性と流動性を有する。そのためMCCは、増量剤や錠剤の結合剤として、医薬品や食品産業の賦形剤として広く使用されている。

ヒドロキシプロピルセルロース (HPC):

HPCは、溶解性、増粘性、保水性を高めるためにヒドロキシプロピル基を付加した変性セルロースエーテルである。HPCは、製薬、化粧品、食品産業において、フィルム形成など様々な用途の増粘剤やバインダーとして一般的に使用されている。

同社のHECは、ヒドロキシエチルで変性された別のセルロースエーテルであり、HPCと同様の増粘性と保水性を提供する。そのため、HECは、建設プロジェクトでより高い適合性を確保するために、セメント系材料にも広く使用されている。

カルボキシメチルセルロース (CMC):

CMCは、カルボキシメチル基を導入して作られたセルロースの誘導体で、増粘剤、安定剤、乳化剤として広く工業用途に使用されている粘性のある水溶性溶液を形成する。

最も一般的なセルロースの種類は?

建設産業で使用されるセルロースとは?

ヒドロキシプロピルメチルセルロース(一般にHPMCと呼ばれる)は、建築材料におけるその多くの利点により、最も一般的に利用されている建築材料および添加剤の1つである。HPMCには次のような利点があります:
HPMCは、セメントや石膏ベースの製品のような建築材料の作業性を、硬化プロセス中の保水剤として作用することで向上させ、硬化時間中の水分損失を減少させ、接着力と硬化時間を改善する。これにより、建設作業員にとってHPMC材料の取り扱いがより簡単になります。
HPMCは、モルタルやスタッコ混合物の耐久性を向上させ、ひび割れを防ぐと同時に、塗布面全体に一貫したテクスチャーを提供します。また、耐サグ性に優れているため、長期間の使用が可能です。
HPMCは、タイル接着剤に優れたたるみ止め効果を付与し、タイルが固まる前に滑ったりするのを防ぎます。
HPMCは、水性塗料やコーティング剤において、増粘剤と安定剤の両方の役割を果たし、保存中に顔料が沈殿するのを防ぎながら、適切な粘度を維持するのに役立ちます。保水性の向上
HPMCはセメント系材料の保水性を向上させ、早期乾燥、ひび割れ、収縮などのリスクを低減します。さらに、HPMCは粉塵を減少させ、ドライミックス配合の取り扱いを容易にし、より使いやすくします。

記事の最後に、Kemoxは、セルロースには多くの種類があり、製品の用途に合ったセルロースだけが最適であるとのヒントを述べている。セルロース製品を選択する際、我々はよく背景を調査しなければならない。長期的に顧客の問題を解決することができ、強力な生産能力を持っているサプライヤーだけが、適格なサプライヤーと呼ぶことができる。

シェアする

フェイスブック
ツイッター
ピンタレスト
LinkedIn

ソーシャルメディア

一番人気

カテゴリー

オン・キー

関連記事